結婚式でのマナー

先日、大学時代の友人から結婚披露宴の招待状が届きました。仲良しだった友人なので、今から凄い楽しみです(^^)/
でも、友人の結婚式に出席するのは今回が初めて。「親からも、マナーだけは守りなさいよ!」と口うるさく言われているけど、初めてなので何が良くて、何がダメなのか・・・??

 

ご祝儀の包み方はよく聞くので、な何となく分かっているんですが、服装にlついては全然分かりません。なんでもドレスさえ着ていたらいいんでは?と思っていたんですが、実際はそうでもないみたいですね。

 

そこで、女性の服装のマナーについて調べてみたんです。

 

新婦よりも目立たない

まず、基本中の基本ですね。やはり、結婚式は新婦が主役なので、新婦より目立つような恰好は絶対に避けるようにしないといけません。
もちろん、格好だけでなく行動でも新婦より目立つのはタブーですよ。

 

白以外のドレスの着用

結婚式で白と言えば、新婦のカラーになります。その為、ゲストの方は白色のドレスなどの着用は避けるようにしましょう。ウエディングドレスといえば白が基本ですからね。
また、黒一色でのコーディネートは喪服をイメージしがちになり、縁起的にも良くはないので、黒色のドレスを着用する際は、アクセントでアクセサリーなどを取り入れるようにしましょう。

 

肌の露出

結婚式は、新郎新婦だけでなくご家族や親族、会社の方たちも出席されます。その為、肌の露出などは多くないようにするのが基本です。肩が出るパーティードレスを着用する際は、ストールなどを掛けるようにしてくのが基本です。

 

メイク・髪型

メイクや髪型に関しても服装と同じで、派手にしすぎないように注意が必要です。また、ノーメークもマナー違反になるので、パーティーシーンに合わせたメイクをするように心がけましょう。

 

 

 

上記で説明した通り、基本的には目立ちすぎには要注意が必要です。若いころは特に、結婚式で目立ちたい…って考えになるかもしれませんが、あくまでゲストという事を頭に入れ、常識の範囲内での服装をするようにしましょうね。